サトナカへのこだわり

「サトナカ」という名前は、私たち中谷武司協会の店舗がある河崎の地名からいただいています。
さらにデザインに用いているマークは、かつてその地区で使われていた意匠を中谷武司がアレンジしたものです。
古くからの歴史と新しいデザインが融合した、新しい伊勢のおみやげとして商品の開発を行いました。

サトナカには国産・三重県産の原料を使うように心がけております。
商品の製造や包装においてはほとんどを手作業で行っており、伊勢志摩の人の手で皆様のもとへお届けします。

また、基本的には御神饌をモチーフにしたフレーバーとなっており、
手にしていただくことで、原料の産地や伊勢との繋がりを感じていただけるよう努めております。